ガーベラ辞典

お花のプレゼントが好きな女の子はアーチスト?

男性たちはひょっとしたらお花のプレゼントの美について理解していないのかもしれません。 それはアート的能力と言ってもいいのではないでしょうか。 男性たちは、女の子よりもアートチックではないのです。

お花のプレゼントが好きな女の子はアーチスト?

絵画や写真などの芸術作品だって、そのような向きあい方をしなければ、人間の感覚ではスルーしてしまうのではないでしょうか。 人間には、芸術を受け冷める本能などないと言ってもいいのかもしれません。 放置しておいても、食べ物なら身体がしっかり受けとめてくれるはずですよね。男性と女性のお花のプレゼントに対しての受けとめ方の違いは、まさに女の子たちがお花のプレゼントをアートチックに捉えているからあるのかもしれません。 ただし、男性が全くアート性に欠けるというのではなく、男性は、空間認知に関わる能力を使い、絵画を美しいと感じる傾向があり、比較して女の子の場合は、物との相対的な位置を把握する能力によって美しさを判断するという違いを見付けることが出来ると言います。 これがお花のプレゼントに対してどのように関わるのかといえば、男性たちはお花のプレゼントという目の前に存在しているものよりも、遠くに存在しているお花畑のような存在を美しいと感じ、アートとして受け入れる傾向を見て取ることが出来ます。 女の子の場合はそうではなく、目の前に存在しているお花のプレゼントを具体的に美しいと感じているのです

花のある生活では、電話番号を受け取る率が5割近くアップ

もっと面白い実験結果があります。花のある部屋では、電話番号を受け取る確率が5割近くアップすると言います。これがどのようなことかといえば、女性たちが積極的にお花を取り入れた生活をしている場合、デートの誘いを受け入れる可能性も高いということです。 女の子たちは、ニオイに男性よりも敏感といいます。お花のプレゼントによって、より幸せ感に包まれた生活をすることが出来ます。 そのようなライフスタイルでは、男性の体臭的なイメージは掻き消され受け入れてもいいというモチベーションもアップするのでしょう。 人間には、アートという本能は存在していないのかもしれませんが、お花という存在がここにあることで、実用的でないお花の存在が、脳のピリピリしている緊張感も解消させてくれることでしょう。 そのような意味で、現代社会において、アートというものは絶対に必要なものなのかもしれません。